MENU

債務整理とは借金で苦しむ人を救済する方法です

札幌市でも多くの方が債務整理を行っていますが、債務整理にはいくつかの方法があります。「任意整理」とは利息や毎月の支払額を減らすように、消費者金融などの貸金業者と交渉する方法です。過払い金が発生していた時は、返還要求することで受け取ることができたり、借金が減額されたりします。「民事再生」とは一般的に住宅ローンを除いた借金総額の1/5から1/10を三年で分割して返済する方法です。「自己破産」は非常に悪いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、借金を帳消しにして再スタートを切るための制度です。戸籍に載ったり年金がもらえないということはありません。これらの債務整理は借金の負担が減って楽になる反面、債務整理をしたためのデメリットもあります。「任意整理」をした場合は5年間は信用情報機関に載ってしまうので、そのあいだは新たな借入やカードの利用やローンを組むことはできなくなります。「民事再生」は10年以内は信用情報機関に載るため、新規の借入やクレジットカードを作ることはできません。また官報に載るほか、時間と費用や手間がかかります。「自己破産」をすると10年以内は信用情報機関に載るため、新規の借入やクレジットカードを作ることはできなくなります。20万円以上の価値のある財産は手放す必要があります。また官報に載るほか、3か月から半年ほど一部の仕事につけなくなります。それぞれの事情や考え方に応じて債務整理を行えば、借金を軽減することができます。まずは札幌市にもある弁護士事務所での無料相談を受け、一番適した債務整理をするようにしましょう。